Search this site
思いついたネタとか、キャラの設定とか、作品について色々語ったりとか。
ネタばれ前提なのでご注意を!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
セリフメモ
「あとは 全部 香澄に任せたよ」

***

「よかったじゃねーか これでお前はあいつと一緒になれるんだから」

「君のそういうところ最っ高にキライだよ」

***

「リュウが リュウがきたから みんなを引き離しちゃったんだよ」

「それは大層な驕りじゃないかしら」
「きっとあなたがここにいようがいなかろうが いつか同じことが起きていれば同じ状況になったはずよ」
「だからあなたが気に病む必要はない」
「必要なのは これからどうしたいのか どうすればいいのか どう行動に移すかということ」
posted by アマノ | 10:25 | 白い木 | - | - |
白い木語り
今思ってることをつらつらと。

追記より。
続きを読む >>
posted by アマノ | 19:09 | 白い木 | - | - |
タイトルメモ
白い木

story of tranquil farewell
posted by アマノ | 07:42 | 白い木 | - | - |
メモ
伊「あいつに出来ることを、否定してるんじゃない」
「ただ、」
「不思議な、未知なものを認めたら、あいつが見つからないのはしょうがないって、諦めがついたことになりそうで、怖いんだ」



色んな証言とか、
残ってない証拠とか、
誰も見つけられずにいるとか、

そういうの、全部「フシギなチカラ」のせいにしたら、もう楽になるだろう?

それじゃあしょうがない、
為す術なんかないって
諦めがついてしまうだろう?
posted by アマノ | 07:15 | 白い木 | - | - |
メモ
伊吹「こんの…ばか!!もう帰ってこないのかと思っただろうが!!」

リュウ「え、あ」
「ご、ごめんなさい」

伊吹「連絡手段もないんだから書き置きするとか…っ」
「…勝手に…いなくなるなよ……」

リュウ「…うん」
「ごめん、ごめんね」
posted by アマノ | 07:08 | 白い木 | - | - |
メモ
香「…後悔してる?」
伊「…いや」「俺はお前が隣にいてくれればそれでいい」
香「そう」
posted by アマノ | 12:46 | 白い木 | - | - |
メモ
リ「…リュウはリュウだよ。」
「だから」
「リュウは…涼じゃない」
posted by アマノ | 12:45 | 白い木 | - | - |
メモ
杏「どうして…?だって、ずっとずっと…知ってたじゃない…」
莉「うん」

莉「ずっと、傍で見てた。あなたを」
posted by アマノ | 17:30 | 白い木 | - | - |
メモ
杏「じゃあ、また明日ね。町田くん」
莉「はーい、お先に失礼します」

莉「(伊吹くんに、町田くん、かぁ…)」
posted by アマノ | 21:30 | 白い木 | - | - |
メモ
リ「もしリュウの正体が“死神だ”って言ったらどうする?」
伊「はぁ?」
リ「…もし、だけど」
伊「“俺は疫病神だ”って言い返す」
リ「………え?」
伊「わかったらもう寝ろ」
リ「えっじゃっじゃあ!天使だって言ったら?」
伊「…」
「…“あいつは、無事」「在るべきところへ辿り着けたか”って、聞く」
posted by アマノ | 02:51 | 白い木 | - | - |